お産入院に必要なもの〜役に立つ入院グッツ、持ち物リスト〜

 

お産で入院するときに、持っていくと便利なものをピックアップしました。

 

産院に用意されているものもあるけれど、自分用があるといいものなど、入院生活を快適にしてくれるグッズを紹介します。

 

横になったまま飲めるペットボトル用ストロー付きキャップ

体調が悪くて起き上がれない時も、横になったまま水分補給ができます。100円ショップでも購入できてあると便利。外国製のペットボトルには合わないこともあるので、事前に試した方がいいです。

 

脚のむくみを軽減する着圧ソックス

妊娠中も産後も、なにかと足がむくみやすくなります。痛いほどむくむ時も着圧ソックスをはくと、スーッとラクになります。

 

着たり脱いだりできる羽織もの

入院中、大部屋だと自分好みに空調を調節できないこともあり、肌寒い時にサッとはおるものがあると助かります。新生児室は暖かいので、カーディガンで調節できると体調をくずさずにすみます。

 

大判からハンドサイズまで種類多めのタオル

タオルは何枚あっても困りません。バスタオルを枕にしたり、腰の痛みを緩和させるクッション代わりに使ったり。シャワーや洗顔、お手拭きなど、用途も様々に使用します。

 

予備があると助かる産褥ショーツ

産院で用意される1枚に、替えの分も含めてプラス2枚あると安心です。ベビー用品のショップやドラッグストアでも購入できます。

 

座るのがラクになる円座クッション

会陰切開後の傷は痛いので、真ん中が開いた円座クッションは必需品です。産院には数が少ないことが多いので、自分用を持って行くとどこでも使えて体もラクです。

 

パジャマのシミも防ぐ母乳パット

産院では用意してないこともあるのが、母乳パット。おっぱいが張って母乳がもれたり、乳首がこすれて痛い時にも使えて便利です。

 

授乳がスムーズになる授乳クッション

生まれたばかりの赤ちゃんに、おっぱいをあげる時にあると便利なクッションです。産院に持っていくと、入院中に使い方のコツがつかめて退院後の授乳がスムーズに行えます。

 

痛みの緩和に乳頭ケアクリーム

慣れない授乳に、乳頭が傷ついてしまうことが多々あります。どうしても最初は乳首が、痛くなるものですが、クリームを塗ることでひどく切れたりすることを防ぎます。

 

前開きのパジャマ

授乳の時には、前が開くパジャマが便利です。前開きで丈の長いデザインのパジャマは、マタニティコーナーなどにおいてあります。母乳で汚れることもあるので、替えを何枚か持っていくと安心です。